○サイトの趣旨○

*Look below for English (^^)

ここ最近、日本でも少しずつ、魔女や魔法に興味をもつ人が増えてきています。
どのように行えばいいか、やり方を教えてくれる情報源は結構ありますが、学問として取り上げられることは日本ではほとんどありません。
けれど、日本よりも、魔女や魔法に関わる人が多いヨーロッパやアメリカでは、社会学者や文化人類学者による研究がかなりあります。
(といっても、儀式などしている研究者も!)
私は魔女術や魔法に熱心ではありませんが、行っている人たちと話をしたり、儀式に参加させてもらったりしながら、2005年から研究を続けてきました。
これまではイギリスが中心でしたが、日本のことにも関わり始めています。
調査の中で得られた情報が、どこかで誰かの役に立ちますようにと祈って、このサイトを開きます。

魔女や魔法に関心をもつ人は、聖地に足を運ぶことも多いように思いますので、そんな情報も載せていく予定です。
沢山の人が利用できるよう、拙いながらも英語でも書くようにしますが、英語での情報があふれているものは日本語だけかもしれません。
日本関係の情報は英語でも書くようにしますね。

こんな感じで、よろしくお願いします(^^)

河西瑛里子

追伸:このサイトで使う言葉の使い分けを用語集にまとめました。使い分けはそれぞれ違って良いはずなので、これが正しい!というつもりはありません。あくまでこのサイトでの意味だと理解してくださいな。

Paganism is said to be one of the fastest growing faiths in the world.
There are many in the West, but some in Japan too.
However, Pagan Studies is hardly known in this country.
I am not a practitioner, but I am involved in Paganism as anthropologist since 2005.
I conducted my research mainly in Glastonbury, UK, but I am involved in Japanese witches’ world recently.
Like Western Pagans, some of them are interested in visiting sacred places, such as Shinto shrines or Buddhist temples, with a different views from traditional ones.

On this website, I would like to share my experiences with worldwide Pagans and in sacred places over the world.
I do try writing both in Japanese and in English, but if the information is plenty in English, I may write only in Japanese.
On the contrary, I promise to write Japanese matters in English.

Thanks xxx
Eriko Kawanishi

PS: I make a glossary to show in what sense I use some words on this website. Please make sure, I don’t “define” any word. I just explain the meaning here.