魔女術と魔法の博物館(3) (JP)

●女神(Goddess):世界各地の女神像、ここに集結!
  

●角神(The Horned God):キリスト教では悪魔にされた、角の生えた土着の男神
   

●妖精の世界(The world of fairy)
 
いろんな妖精            小さな穴からピクシーが見えるかもって?

●占い(Scrying, divination & fortune telling)
 
紅茶占いに使われたカップとお皿     タロットは魔女さん十八番の占いだったそうです。

 自動タロット占い機。今は寄付金ボックスです。

●海の魔女(Sea witches):ボスカーソー村のような漁村の魔術について
 
イギリスの漁村では昔から魔女が活躍していました。
お守りをつくったり、風を縄に捕まえて売りつけたり。

●呪文と魔除け(Spells and Charms)
 
心霊術に使われていたボード                    家の中の悪霊を閉じ込めていた瓶


誰かと距離を置きたいとき、何かを手放したいとき、魔女に相談すると、それを象徴する物を、この「消失箱」に入れて、交差路に放置していたそうです。

●魔術道具(Magical tools):魔女たちが使っていた道具
 
魔術用の小さな杖(wand)      魔女といえばほうき!

●儀式魔術(Ritual magic):魔術結社や現代の有名な魔女たちのコレクション
      
魔術結社「A∴A∴(銀の星)」の儀式用ローブ 魔術結社「黄金の夜明け団」の道具

 
ジェラルド・ガードナーの著書とコレクション

 
ドリーン・ヴァリアンテの著書         アレックス・サンダースの儀式用の道具

最後、展示を終えたところには「季節の輪Wheel of the Year」と魔女の祭壇が!

  
祭壇                中を拡大して撮影

 季節の輪Wheel of the Year

小さいけれど、ミュージアム・ショップもあります。ここでしか売ってない、オリジナルのグッズやお守りもあって、お土産に最適?!
  

 
マグネットを買ってみました🌟  オリジナルの袋に入れてくれます。

館内には、現代のウイッカに関する展示品はほとんどなく、伝統的な魔女術(民俗資料)が大半で、最後に少し儀式魔術関係のモノが展示されています。
まとめると、セシル・ウィリアムソン、個人のコレクションが母体なので、彼の主義に合ったものが展示されている印象。現代魔女術について学べる博物館というより、イギリスの地方の古いものを集めた、民俗資料館が実態に近いです。

Follow me!